陰部のかゆみが繰り返す時には郵送性病検査

繰り返す陰部かゆみ嫌ですよね。

 

特に性交渉した後なんかは色々と勘ぐってしまって、余計に不安になってしまいます。

 

しかもデリケートな問題なので誰かに話すことも出来ない…

 

 

そんな時に便利なのが郵送検査です。

 

郵送検査ポストに投函

 

 

発注すると自宅に検査キットが送られて来ます。
自分で採取して送り返せば、
数日で検査結果が出るというものです。

 

 

 

これなら誰にも知られる事無く結果を知ることが出来ますね


 

 

今回はその郵送性病検査が出来る有名3社の費用などを比較してみたいと思います。

 

これを見れば郵送性病検査の費用相場が分かると思いますのでどうぞご覧ください。

 

 

郵送性病検査3社の費用などを比較!

 

お得か損か

 

 

陰部のかゆみが繰り返す時は、悩んでいないで検査してしまった方が良いと思います。

 

そこで気になって来るのが、検査費用ですよね。

 

有名3社の費用をチェックしていきましょう。

 

 

富士メディカルの単品検査費用

 

富士メディカルの郵送検査

 

  • クラミジア検査:3,500円
  • 淋菌検査:3,500円
  • カンジダ検査:3,500円
  • HIV(第4世代抗原・抗体検査):3,500円
  • 梅毒検査:3,500円

 

送料:無料
代引き手数料:無料

 

 

 

富士メディカルの単品検査費用は3,500円になっていてわかりやすいですね。


 

 

他にも
9項目セット
【検査項目】
HIV・梅毒・B型肝炎抗原・B型肝炎抗体・C型肝炎抗体・淋菌・クラミジア・トリコモナス・カンジダ
12,500〜12,800円

 

6項目セット
【検査項目】
HIV・梅毒・淋菌・クラミジア・トリコモナス・カンジダ
9,500〜9,800円

 

などここでは紹介しきれない多くのセットがあります。

 

 

STD研究所の単品検査費用

 

STD研究所のSTDチェッカー

 

  • クラミジア検査:4,950円
  • HIV検査:5,060円
  • 梅毒検査:3,300円

 

送料:メール便の場合は無料、佐川急便の場合は550円(全国一律)
代引き手数料:無料

 

 

STD研究所は梅毒検査が安めになっていますね。


 

 

他にも
7項目セット
【検査項目】
クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ・HIV・梅毒・B型肝炎
11,275円

 

 

5項目セット
【検査項目】
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎
10,120円

 

など色々なセットがあります。

 

 

GME医学検査研究所の単品検査費用

 

GME医学検査研究所の郵送検査

 

  • クラミジア検査:3,450円
  • 淋菌検査:3,450円
  • カンジダ検査:3,140円
  • HIV検査:3,440円
  • 梅毒検査:3,130円

 

送料:無料
代引き手数料:無料

 

 

GME医学検査研究所は単品価格が一番安いですね。


 

他にも
8項目+のど2項目セット
【検査項目】
B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ+のどクラミジア・のど淋菌
15,990円

 

4項目
【検査項目】
クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ
6,530円

 

など色々なセットがあります。

 

 

費用比較まとめ

 

富士メディカル STD研究所 GME医学検査研究所
クラミジア検査 3,500円 4,950円 3,450円
淋菌検査 3,500円 単品検査なし 3,450円
カンジダ検査 3,500円 単品検査なし 3,140円
HIV検査 3,500円 5,060円 3,440円
梅毒検査 3,500円 3,300円 3,130円

 

 

こうして3社の費用を比べてみると、GME医学検査研究所の単品価格が一番安いという事が分かります。

 

費用の面からみると

  • GME医学検査研究所
  • 富士メディカル

の2社がリードしていることが分かります。

 

 

 

1項目で大体3,500円位が相場みたいですね。


 

陰部のかゆみが繰り返す時には、悩んでないでサッサと郵送で検査しちゃったほうが良いですね。

 

各社プライバシーにはかなり気を使ってくれています。
セットの種類もいっぱいあるので、自分に合ったものを選んでくださいね。